ピーリングの種類

ピーリングの種類

ピーリングには様々な種類があります。
・ケミカルピーリング
・レーザーピーリング
・インオーガニックピーリング
などです。

一番多いのがケミカルピーリングです。
ケミカルピーリングは、AHA、アルファハイドロキシ酸に属する酸を皮膚の表面に塗り、古い角質を除去し新しい皮膚を作るという方法です。

次にレーザーピーリングがあります。
レーザーを使って古い角質を取ると同時にコラーゲンを増やし新しい皮膚を作っていくというものです。

そしてインオーガニックピーリング。
これは、電動グラインダーを使って行います。
直接皮膚を剥がす方法と、細かい小さな粒子を肌に吹き付けることで皮膚を磨くマイクロダーム・アブレーションやクリスタルピーリング、ダイヤモンドピーリング、ウェットピールなどがあります。

幾つか紹介しましたが、ケミカルピーリングが治療法に用いられることが多いです。
ケミカルピーリングでも、使う液によって種類が分かれてきます。

日本で一番使われているのは、グリコール酸というフルーツ酸を用いた治療法です。
他にはサリチル酸を用いた治療法です。このサリチル酸は、治療後1~2週間後に効果が表れます。
これは、にきびの原因となるコメドという角栓ができにくいというデータがでているそうです。
そのほか、トリクロール酢酸やフェノール、乳酸などを使ったケミカルピーリングがあります。

カテゴリー:ピーリングの基礎知識