ピーリングの副作用

ピーリングの副作用

ピーリングは適切に行えば肌に良い効果をもたらしますが、間違ったやり方をすると肌を傷めてしまいます。

ピーリングを適切に行えば、古い角質が取り除かれて新しい皮膚が作られます。
しかし間違ったやり方をすると副作用があります。それは肌が荒れたり、乾燥肌になったりすることです。

もしこのような状態になったら、やり方がまちがっているのですぐにやめましょう。

また、ピーリングすると必ず乾燥します。
そのため、同時に保湿することが大切です。
保湿剤やジェルなどをぬり、潤いを与えてあげると乾燥も防げます。
最近では保湿も行うピーリング化粧品も多くなっていますので、それらを使うのも良いでしょう。

自分でピーリングをするならば、きちんと理解した上で行いましょう。
せっかくピーリングしても肌を痛めたり、赤く腫れたお肌になってしまったら意味がありません。

カテゴリー:ピーリングの基礎知識