ピーリングの基礎知識

ダイヤモンドピーリングとは

ダイヤモンドピーリングとは、ダイヤが入っているソフトスポンジを使用します。
ソフトスポンジを振動をさせることにより、肌を均等に削っていきます。

ダイヤモンドピーリングは、次のような悩みに効果的です。
・目元や口元の色素沈着
・毛穴の開き
・シミ、くすみ
・ニキビ跡

ダイヤモンドで肌を削るというと、怖いようなイメージがありますが、ケミカルピーリングよりも刺激は少ないと言われています。
そのため、今までは不可能だったデリケート部分のピーリングも可能です。
例えば、瞼、唇、首など。


このダイヤモンドピーリングは化学薬品などを使っていないので、自宅でも行えるピーリングです。

ダイヤモンドピーリングの美顔器がとても人気です。
人気の理由は、薬剤などを一切使っておらず、ダイヤモンドを加工したチップを肌の上にのせて軽くすべらすだけで良いからだそうです。

カテゴリー:ピーリングの基礎知識

ナチュラルピーリングとは?

一般に行われているピーリングは、酸を使います。
どちらかと言うと、無理に角質をはがす治療法です。
そのため、毎日ピーリングを行うことはできません。

ナチュラルピーリングとは、自然の成分で作られたものを使います。
肌を傷めることなく、イオンの力で古くなった角質だけを自然にはがしてくれます。

ナチュラルピーリング剤は、インターネットで買うこともできます。

・ウォーターピーリングジェル
ミネラルをベースにした天然植物エキス配合のナチュラルピーリングジェルです。
ダイズエキス・オリーブ油・甘草エキス・生姜エキスなどの天然の植物エキスが配合されていています。
不要になった角質を自然に除去してくれる安心のナチュラルピーリング剤です。
化学成分が全く入っていないので、毎日使っても安心です。

・サワディータイのナチュラルピーリングパック
カレーの香辛料などに使用されるウコンが配合されています。
シミ取りや美白、老化防止に効果があるそうです。
また、無香料・無合成着色料・無鉱物油なので安心です。

他にも色々なチュラルピーリング剤があります。
自分にあったものを探してみてください。

ピーリングとは

近年、美容雑誌やテレビなどでしばしば耳する「ピーリング」。
通常ピーリングとはどういうものなのでしょうか?

ピーリングとは、肌に溜まった古い角質を取り除くことで、新しい角質を取り戻すことを言います。

古い角質が溜まったままだと様々な肌トラブルが発生します。
例えば、小じわ、シミ、クマ、毛穴の黒ずみ、毛穴の開きなどの原因となります。

ピーリングを日本語に訳すと「皮をむく、剥ぐ」という意味になります。
それだけを聞くと怖いように聞こえますね。
確かに、間違った方法でピーリングをすると、肌が赤くなったりすることもあります。
だからピーリングをする前に、正しい方法を知っておくことが大切です。
当サイトでは正しいピーリングの方法を紹介します。

カテゴリー:ピーリングの基礎知識

ピーリングは痛い?

ピーリングは古い角質をツルッと剥くようなイメージです。
古い角質をとってしまうのは痛みがあるような気がしませんか?

もし、痛いのを我慢してピーリングをしているとしたらすぐに止めたほうが良いです。

お洒落さんはどんなに暑くても夏にニット帽をかぶったり、どんなに寒くてもミニスカ--トをはいたりします。
お洒落をするためには多少の努力や我慢を惜しまないものです。
だからといって、肌が痛いのを我慢してピーリングするのは間違いです。
間違った方法だと、赤くなったり、ヒリヒリしたりすることがあります。
これでは肌をキレイにするどころか逆効果ですね。

カテゴリー:ピーリングの基礎知識

ピーリングの副作用

ピーリングは適切に行えば肌に良い効果をもたらしますが、間違ったやり方をすると肌を傷めてしまいます。

ピーリングを適切に行えば、古い角質が取り除かれて新しい皮膚が作られます。
しかし間違ったやり方をすると副作用があります。それは肌が荒れたり、乾燥肌になったりすることです。

もしこのような状態になったら、やり方がまちがっているのですぐにやめましょう。

また、ピーリングすると必ず乾燥します。
そのため、同時に保湿することが大切です。
保湿剤やジェルなどをぬり、潤いを与えてあげると乾燥も防げます。
最近では保湿も行うピーリング化粧品も多くなっていますので、それらを使うのも良いでしょう。

自分でピーリングをするならば、きちんと理解した上で行いましょう。
せっかくピーリングしても肌を痛めたり、赤く腫れたお肌になってしまったら意味がありません。

カテゴリー:ピーリングの基礎知識

ピーリングの効果

ピーリングの目的は古い角質を取り除き、肌のターンオーバーを促進すること。
古い角質を取り除いてから1月ほどで新しい皮膚が蘇ります。

年齢とともにターンオーバーは遅れていくものです。
ピーリングを行うことで、ターンオーバーの遅れを正常化するのに効果があります。

ターンオーバーを促進することで、シワが改善したり、肌に潤いが保たれハリがでてきます。
そして肌の奥にあるメラニンも徐々に排出されやすくなり、肌の黒ずみが改善され、透明感のある肌になってきます。
肌のくすみや黒ずみ、ニキビ、妊娠線なども綺麗になります。

カテゴリー:ピーリングの基礎知識

ピーリングの種類

ピーリングには様々な種類があります。
・ケミカルピーリング
・レーザーピーリング
・インオーガニックピーリング
などです。

一番多いのがケミカルピーリングです。
ケミカルピーリングは、AHA、アルファハイドロキシ酸に属する酸を皮膚の表面に塗り、古い角質を除去し新しい皮膚を作るという方法です。

次にレーザーピーリングがあります。
レーザーを使って古い角質を取ると同時にコラーゲンを増やし新しい皮膚を作っていくというものです。

そしてインオーガニックピーリング。
これは、電動グラインダーを使って行います。
直接皮膚を剥がす方法と、細かい小さな粒子を肌に吹き付けることで皮膚を磨くマイクロダーム・アブレーションやクリスタルピーリング、ダイヤモンドピーリング、ウェットピールなどがあります。

幾つか紹介しましたが、ケミカルピーリングが治療法に用いられることが多いです。
ケミカルピーリングでも、使う液によって種類が分かれてきます。

日本で一番使われているのは、グリコール酸というフルーツ酸を用いた治療法です。
他にはサリチル酸を用いた治療法です。このサリチル酸は、治療後1~2週間後に効果が表れます。
これは、にきびの原因となるコメドという角栓ができにくいというデータがでているそうです。
そのほか、トリクロール酢酸やフェノール、乳酸などを使ったケミカルピーリングがあります。

カテゴリー:ピーリングの基礎知識

ピーリングの失敗

ピーリングはエステサロンや美容外科でやってもらうか、自分で行うかの2通りあります。
エステや美容外科でピーリングしてもらうのは料金が高いですが、信用できるところを選べば一番安全で安心できます。
信用できるところを選ぶのが重要です。適当なところだと間違ったケアをする可能性があるからです。
信用できるところというのは、知識や技術がしっかりしているところです。
それ以外のところでやると、失敗したり後遺症が残ったりということもあります。

自分でピーリングを行うときには、ピーリング専用の化粧品(ピーリング剤、ピーリングジェル、ピーリング石鹸など)を選びます。
なるべく肌に優しいものが良いです。
そして、絶対に使用方法を守りましょう。
例えば、週に2回までと書いてあるピーリング剤を使うときは、週に2回以下の使用に制限しましょう。
キレイになるからといって過剰に使用すると、肌が炎症をおこすなどトラブルの原因になります。

カテゴリー:ピーリングの基礎知識

ソルトピーリングとは

パウダー状の塩を用いたピーリングをソルトピーリングといいます。
ソルトピーリングは、シミや小じわ、毛穴トラブル、くすみなどに効果的。
肌の汚れが取れるので、その後に化粧品などを使うと浸透しやすくなります。
例えば、ビタミンCなどの有効成分が浸透しやすくなって、代謝が促進されてハリや弾力が出てきて、アンチエイジングにもおすすめです。ソルトピーリングでは、ツルツルで潤いのある肌に変わります。

ソルトピーリングは、他のピーリングに比べて肌に優しいピーリングです。
ソルトピーリングの方法は、ソルトパウダーを吹き付けて、古い角質を除去していきます。

ケミカルピーリング(化学物質を使用するピーリング)で肌がヒリヒリしたり、荒れてしまったという方も比較的安心して受けられます。
ただし、敏感肌の方は注意してくださいね。

カテゴリー:ピーリングの基礎知識

角質を取り除く

角質の主な働きは、バリア機能と保湿機能です。
バリア機能とは、外部からの異物や刺激を防ぐと。
保湿機能とは、肌から水分が蒸発してしまうのを防ぐことです。

この角質ですが、実は死んだ細胞なのです。
角質は、たんぱく質からできており、いくつもの層になっています。
生まれたときは一番下(肌の奥)で、上の方(肌表面)に押し上げられていきます。
そして時間が経つと、はがれ落ちます。

しかしこの角質がうまくはがれずに残っていると、肌のくすみ、乾燥、ニキビなどの原因となります。
キレイな肌を保つには、古い角質を落とす必要があります。

角質を取り除く方法の1つがピーリングです。

ピーリングジェルを使えば自宅でも手軽にピーリングができます。
ピーリングジェルは古い角質を取り除き、正常なターンオーバーを助け、肌のキメを整えます。
そのため、普段使っている美容液やクリームなどの浸透も高くなります。


ピーリングはやり過ぎてはいけません。
それぞれのピーリングジェルの使用法をきちんと守って使いましょう。
1週間に1~2回程度のものが多いようです。

ジェル以外にもピーリング石けん、ピーリングローション、ピーリングクリームなどもあります。

また、ピーリングは顔だけでなく、肘、膝、踵、背中などにも有効です。

カサカサの肘や踵がツルツルになると、とても気持ちよくやみつきになります。
しかしやり過ぎは禁物です。

カテゴリー:ピーリングの基礎知識